MENU

ナイシトールGは副作用の心配はあるの?成分を徹底調査しました!

 

 

 

「最近お腹が出てきた気がする・・・」「どうも便秘がちでお腹が張っている」
というような男性・女性は多いのではないかと思います。

 

特に女性の場合、ダイエットを決意して色々と試してみても、なかなか効果が感じられないという方も多いですよね。

 

そんな時に助けてくれる医薬品として、防風通聖散という漢方薬があります。
この防風通聖散というのはあまり聞き慣れないかもしれませんが、様々な会社から名前を変えて販売されていることがあります。

 

小林製薬の”ナイシトールG”も、名前が違いますが防風通聖散を使用しているのです。
漢方薬には副作用がないという話はよく耳にしますが、実際のところはどうなのか気になりますよね。

 

ナイシトールGには副作用の心配はないのか、その成分を徹底的に調査してみました!

 

ナイシトールGの成分と配合量は?!

 

 

まずは、ナイシトールGにはどのような成分が配合されているのかということについて、詳しく見ていきたいと思います。
防風通聖散乾燥エキスを使用していますので、他の防風通聖散の漢方薬と同じになります。

 

ただ、それぞれのメーカーによって原生薬の配合量が異なりますので、その点にも注目していきましょう。

 

ナイシトールGの成分・配合量は?

 

生薬名

配合量

トウキ 0.74g
センキュウ   0.74g
レンギョウ  0.74g
ショウキョウ 0.19g
ボウフウ  0.74g
ダイオウ  0.93g
ヒャクジュツ 1.24g
オウゴン 1.24g
セッコウ 1.24g
シャクヤク 0.74g
サンシシ 0.74g
ハッカ  0.74g
ケイガイ 0.74g
マオウ  0.74g
硫酸ナトリウム十水塩  0.93g
キキョウ 1.24g
カンゾウ  1.24g
カッセキ   1.86g 

 

これらの18種類の原生薬が配合されているものが、防風通聖散です。
それぞれのメーカーによって、この原生薬の配合量が異なっています。

 

ナイシトールGの場合、上記のような配合となっており、
1日量(12錠)中に、防風通聖散料乾燥エキスが3.1g配合されています。

 

同じ小林製薬のナイシトール85は、肥満症に効果を発揮する成分は2,500mgなのですが、
それに比べてこのナイシトールGは、成分が1.24倍(3,100mg)に増加しています。

 

それぞれの成分の働きは?

 

では、上記のような成分がどのような働きをするのか、詳しく見ていきましょう。

 

【脂肪燃焼効果】発汗を促して熱を逃がす

ボウフウ・ケイガイ・マオウ・ハッカ・レンギョウ・ショウキョウ

 

【便秘解消効果】便通良くして余熱を逃がす

ダイオウ・ボウショウ・カンゾウ

 

【清熱効果】余分な熱を逃がして身体を整える

サンシシ・オウゴン・セッコウ・キキョウ

 

【利尿効果】利尿を促進して余分な水分を排出する

ビャクジュツ・カッセキ

 

【血行促進効果】血行を促進する

トウキ・センキュウ・シャクヤク

 

それぞれの生薬はこのような働きを行います。
18種類もの生薬が組み合わさって働きかけることで、脂肪燃焼→便秘解消→清熱→利尿作用という流れが出来ます。

 

この流れによって、お腹にたまっている余分な脂肪を排出する代謝を高めることが出来るため、
脂肪を分解し、体内に溜め込まれているものを外に排出することが可能になるのですね。

 

汗と便と尿によって、無駄なものを排出していくことが出来ます。

 

こんな方におすすめ

 

ナイシトールGは、肥満症が気になる方におすすめの商品となっています。
特に、以下のような方におすすめの商品です。

 

  • 最近お腹が出てきた方
  • 運動をしてもなかなか痩せることが出来ないという方
  • むくみが酷いという方
  • 便秘がちになっている方
  • 顆粒の漢方薬が飲みづらいという方

 

ナイシトールGは、顆粒ではなく錠剤タイプなので、
味が苦手という方や、顆粒タイプは苦手という方にもおすすめできる商品です。

 

副作用の危険性は?

 

漢方薬には副作用がないと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
もし副作用があるとすればどのようなものなのか、どうすれば防げるのか等、見ていきましょう。

 

漢方薬にも副作用はあります

 

漢方薬は、一般的な医薬品と比べると副作用は確かに少なくなります。
ですが、副作用とは全く無縁というわけではありません

 

皮膚

湿疹・発赤・かゆみ

消火器

吐き気・嘔吐・食欲不振・腹痛・胃の不快感・下痢

精神神経系

めまい

その他

発汗・動悸・頭痛・むくみ

 

など、このような症状が現れた場合には、副作用の可能性があります。
製品の添付文書を持ち、かかりつけの医師に相談するようにしてくださいね。

 

 

重篤な症状を伴う副作用

 

ごく稀ではありますが、以下のような重篤な症状を伴った副作用もあります。

 

間質性肺炎

階段を登ったりするだけで息切れがする、発熱、息苦しい、空咳など

偽アルドステロン症

手足がだるい、しびれ、ふるえ、筋肉痛など

肝機能障害

発熱、発疹、尿が褐色になる、倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色になるなど

 

 

このような症状が見られた場合には、速やかに医師に相談するようにしてください。

 

用量・用法を守りましょう!

 

どのような薬にも言えることですが、用量・方法を守ることが、副作用を防ぐことに繋がります。
未成年でも飲める防風通聖散もありますが、ナイシトールGの場合には、以下のような決まりがあります。

 

 

ナイシトールGの用量・用法
  • 大人(15歳以上)1日4錠を1日3回、食前もしくは食間に、水かお湯にて服用
  • 15歳未満は服用しないこと

 

ナイシトールGの場合、15歳未満の服用は出来ないことになっています。
それぞれのお薬で用法や用量は異なっていますので、しっかりと確認することが大切です。

 

 

こんな方は服用を控えましょう

 

ナイシトールGを服用するにあたり、以下のような方は注意が必要です。
場合によっては下痢などを引き起こす可能性がありますので、出来れば服用を控えるようにしてください。

 

  • 胃腸が弱い
  • 体力が衰えている
  • 高齢である
  • 下痢をしやすい体質である
  • 皮膚が青白い
  • 汗をかきやすい

 

このような方は体質の問題で、防風通聖散が合わない可能性が高いです。

 

また、妊婦さんや心臓病、高血圧がある方など、添付文書に記載されている方の場合、
医師に必ず相談するようにし、自己判断で服用することがないようにしてくださいね。

ナイシトールGを実際に体験しました

 

小林製薬から出ている、ナイシトールGを実際に体験してみました。
今回はお試しサイズを体験。

 

小林製薬から、出ているので安心感がありますね。

 

 

成分は、防風通聖散料乾燥エキスが3.1g入っています。
天然物(生薬)が入っているので、錠剤の色が少し異なる事があるそうです。

 

ナイシトールGの期待出来る効果
・肥満症
・高血圧や肥満による動悸
・肩こり
・のぼせ
・むくみ
・便秘
・皮膚炎
・吹き出物
などに効果があるそうです。

 

注意する点
・ナイシトールGを使用している期間は、他の錠剤を服用しない事
・授乳中の人は授乳を止めるか、錠剤の使用を服用しない事

 

あと、注意したい事がナイシトールGは漢方薬の一種なので、保管も注意。直接日光の当たらない湿気の少ない涼しい所でチャックをしっかりしめて保管する事。などが裏面に記載されています。

 

 

注意事項が分かったら、早速飲んでみました。

 

 

チャックを開けた瞬間、ふわっと独特な漢方薬の匂いがしました。
風邪薬の葛根湯みたいな匂いです。

 

錠剤の大きさは、約1センチ横幅は0.3ミリ位でした。

 

粉末ではなく、コーティングされた錠剤なので手で触ってべたつく感じはありません。

 

 

ナイシトールGは錠剤タイプで
1日12錠を3回に分けて4錠づつ飲みます。朝、昼、晩の3回に分けて4錠づつお水で飲みました。

 

 

 

一粒1センチあり、1回で4錠飲まなくてはいけないので、少し喉に当たる感じはしました。
飲んだ感想は、風邪薬の色んな種類をいっぺんに飲んでいる感じです笑
錠剤タイプなので、口に味が残る事はなく最初だけでした。
飲むタイミングとしては、食前か、食間(食事後2〜3時間以内)に飲む様にしました。


 

ダイエット1週目

初日の体重は52.3キロ

 

 

お腹周りはこんな感じです。

 

 

1日目
朝:パン+ナイシトールG
昼:ハンバーグ定食+ナイシトールG
夜:外食

 

 

 

 

2日目
朝:ヨーグルト
昼:から揚げ定食+ナイシトールG
夜:野菜炒め+ナイシトールG

 

 

3日目
朝:パン+ナイシトールG
昼:フライ定食+ナイシトールG
夜:野菜炒め

 

 

 

 

4日目
朝:ヨーグルト
昼:うどん+ナイシトールG
夜:お惣菜+ナイシトールG

 

 

 

 

 

5日目
朝:パン+ナイシトールG
昼:親子丼+ナイシトールG
夜:焼きそば

 

 

6日目
朝:パン+ナイシトールG
昼:うどん+ナイシトールG
夜:

 

 

7日目
朝:パン+ナイシトールG
昼:うどん+ナイシトールG
夜:

 

 

ナイシトールGを7日間続けて体重は・・・・
51.4キロになりました。
1週間で約−0.8キロ

 

お腹周りもこんな感じになりました。

 

 

ナイシトールGを飲んだ感想

 

 

ナイシトールGは、錠剤タイプだったので少し飲みにくさはありましたがかなりの即効性がありました。
元々便秘気味だったおですが、ナイシトールGを飲んで数時間でお手洗いに行きたくなるくらいの即効性があります。
なので、お腹が強い方にお勧めです。


 

 

防風通聖散を比較してみました!

徹底比較した結果、防風通聖散1位はどれに・・・?