生漢煎 防風通聖散の成分は?下痢の心配はあるの?

生漢煎の防風通聖散は、満量処方となっていることから効果が期待しやすい漢方薬だと言われています。
肥満症や便秘症の方のお悩みを解消することが可能になっているため、とても人気がありますよね。

実際に、ダイエットに成功されている方や便秘を解消されている方は多く、サプリメントではなく医薬品である漢方薬ということからも、安心感がある商品です。

そんな生漢煎 防風通聖散の成分にはどのようなものが配合されているのか、また、下痢になってしまう可能性はあるのかということについて、詳しくご説明していきたいと思います。

 

生漢煎 防風通聖散の成分について

まずは生漢煎の防風通聖散の成分について見ていきましょう。
以下、18種類の生薬が配合されており、これらが脂肪を落とす働きを担っています。

作用と配合量については、以下のとおりです。

生薬名 配合量 効果・働き
トウキ 1.2g 造血作用があり、血行障害などにも効果を発揮する
シャクヤク 1.2g 抗炎症作用、腹筋や筋肉の痛みを抑制する効果を発揮する
センキュウ 1.2g 血行促進、冷え性の改善、月経痛などに効果を発揮する
サンシシ 1.2g 止血、鎮痛、清熱、不眠などに効果を発揮する
レンギョウ 1.2g 清熱、利尿、皮膚病などに効果を発揮する
ハッカ 1.2g 消化不良、咽頭痛などに効果を発揮する
ショウキョウ 0.3g 発汗、胃を正常化する等に効果を発揮する
ケイガイ 1.2g 発熱、止血、鎮痛などに効果を発揮する
ハマボウフウ 1.2g 皮膚炎、関節痛、発汗などに効果を発揮する
マオウ 1.2g 発汗、利尿、関節痛などに効果を発揮する
ダイオウ 1.5g 便秘解消、蠕動運動の促進などに効果を発揮する
硫酸ナトリウム 1.5g 肌を柔らかくなめらかにする等の効果を発揮する
ビャクジュツ 2.0g 余分な水分を排出、むくみ解消などに効果を発揮する
キキョウ 2.0g 去痰、排膿などに効果を発揮する
オウゴン 2.0g 下痢、腹痛、消炎などに効果を発揮する
カンゾウ 2.0g 鎮痛、下痢などに効果を発揮する
セッコウ 2.0g 口渇、むくみ、清熱に効果を発揮する
カッセキ 3.0g 排尿障害、利尿作用などに効果を発揮する

 

このような18種類の生薬が、代謝を高め、便通を促し、清熱させて、利尿させます。

脂肪がたまるのは、摂取した栄養素全てを、しっかりと消費できていないことが原因の一つでもあります。
消費できていないためにそれらが身体に蓄積されて、脂肪となり、肥満症や便秘症を引き起こします。

普段から、辛いものや味の濃いものを好んで食べているという場合には、胃腸の働きが活発になり、胃が常に熱をもっている状態になります。

そして、食べ過ぎによって腸内に便がたまることになり、腸が水分を吸収していくので便秘になってしまうのですね。

ですが、生漢煎の防風通聖散なら、上記のような18種類の生薬が、栄養素を消費するための代謝を高め、便通を促し、胃の熱を取り除いて水分をしっかり排出してくれます

そのため、肥満解消や便秘解消などに高い効果があるとされているのですね。

 

満量処方で効果抜群!

生漢煎の防風通聖散の凄いところは、これらの原生薬を最大量である27.1g配合しているということです。

漢方薬の処方には、1日分の生薬の配合バランスというものが決まっています。
この1日の配合量の最大量が、27.1gであり、この最大量を配合となっている漢方薬を、満量処方と言います。

生漢煎の防風通聖散は満量処方となっており、防風通聖散自体の力を引き出し、脂肪を内側から分解して燃焼させ、排出を促進することによって、肥満症や便秘症を解消することが出来るというわけです。

生漢煎の防風通聖散は、病院で処方される防風通聖散と同量の処方となっていますので、効果・効能についてかなり期待出来るということになります。

 

有効成分が1日4,500mgも?!

そして、生漢煎の防風通聖散は、独自の製剤技術によって、最大量である27.1gの原生薬を、4,500mgのエキスに濃縮しています。

1回1包で、この4,500mgの有効成分を摂取することが出来るため、効果が高いのですね。

便秘や肥満を解消していくためには、基礎代謝を高めながら、排出する力も伸ばしていくことが大切になります。
生漢煎の防風通聖散は、そのメカニズムをしっかり押さえることが出来る漢方薬なのです。

 

下痢になることもあるの?

便秘や肥満に効果的な生漢煎の防風通聖散ですが、
口コミを見ていると、下痢になってしまったというような方もおられます。

 

生漢煎を飲んで下痢になってしまうというのは本当なのか、見ていきましょう。

 

生漢煎の防風通聖散は、こんな方に効く

生漢煎の防風通聖散は、全ての方に効果があるというわけではありません。
もちろん、医薬品なので、効果があることには変わりありませんが、体質によっては合わないことがあるのです。

生漢煎の防風通聖散が効果的なのは、こんな方です。
”体力に充実していて腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな方”

体力があまりなく、脂肪も少なく下痢になりやすい方にとっては、体質に合わず下痢などを引き起こすことがあります。
また、生漢煎の防風通聖散を飲む前に医師に相談する必要がある方もおられます。

 

こんな方は飲む前に医師に相談を!

具体的にどのような方の場合、医師に相談する必要があるのかと言いますと、以下のような場合です。

  • 医師の治療を受けている方
  • 妊婦さん又は妊娠していると思われる方
  • 体の虚弱な方(体力の衰えている方や体が弱い方)
  • 胃腸が弱く下痢をしやすいという方
  • 発汗傾向の著しい方
  • 高齢の方
  • 今までに薬などにより発疹・発赤・かゆみなどが起きたことがある方
  • むくみや排尿困難がある方
  • 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害と診断されている方

 

このような方の場合には、実際に飲む前に、医師に相談する必要があります

 

公式サイトにも明記されています

公式サイトでも、人によっては下痢になる可能性があることが明記されています。

”新生防風通聖散 顆粒<満量処方>は排便を促す効果があるお薬のため、人により「下痢」や「腹痛」など効き目を強く感じる場合がございますが、体が慣れてきたり、一時的に減量したりすることで、改善する場合もございます。”

身体が慣れたり、一時的に減量することで改善されることもあるようですが、心配な場合には医師や薬剤師に相談してから服用するようにしてくださいね。

人によっては下痢になることもありますが、肥満や便秘を解消してくれる漢方薬となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です