防風通聖散の使用期間はどれくらいが良いの?

防風通聖散は、体力があり便秘がちで、お腹に皮下脂肪が多い方の肥満症や便秘症に、効果・効能が認められています。

医薬品のためサプリメント等よりも信頼性が高く、健康維持を目指す方や便秘解消を目的とする方に人気がある漢方薬です。

この防風通聖散は漢方薬なのですが、医薬品のため当然ながら副作用が存在しています。

身体に悪影響を与えないためにも、副作用を防ぎながら正しく服用することが大切になりますが、使用期間はどのくらいがベストなのでしょうか。

ここでは、防風通聖散の使用期間について見ていきたいと思います。

 

防風通聖散はどのくらいの期間飲むものなの?

まず、「防風通聖散は魔法の薬ではない」ということをお伝えしておきます。
防風通聖散を飲めば、あっという間に痩せることが出来る、便秘が治る!というように考えている方もおられるかもしれません。

ですが、防風通聖散は漢方薬であるため、即効性はなく、一定期間は服用し続ける必要があるのです。

もちろん、運動や食事などもしっかりと考えながら身体の調子を整えることが大切になります。
では、一定期間というのはどのくらいの期間を指すのでしょうか。

 

添付文書によれば・・・

どのような防風通聖散にも添付文書がありますが、今回は”クラシエのコッコアポEX錠”の添付文章を例に出して見ていきましょう。

【クラシエ コッコアポEX錠】

”1ヶ月位(便秘に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください”

*添付文書より抜粋

この添付文書から、防風通聖散を飲み続ける期間としては、1ヶ月程度を目安にすると良いことが分かります。

ちなみに、どの防風通聖散の添付文書でも大体同じで、「1ヶ月程度」となっています。

便秘に関しては1週間程度となっていますので、効果が感じられない場合にはそれ以上の服用は避けておきたいところです

 

有効成分がたくさん配合されている場合は?

防風通聖散の有効成分がたくさん配合されている(満量処方など)の場合、もっと短い期間で良いの?
と考える方もおられるかもしれませんが、それはまた別の話です。

防風通聖散は有効成分の量に関わらず、大体1ヶ月を目安にして飲み続けることになります。

効果を実感出来るまで1ヶ月程度という意味なので、飲み始めてからすぐに効果がないからといって、勝手に服用量を増やしたりすることがないようにしてくださいね。

便秘の場合も同じで、1週間程度で効果が実感出来るという意味になりますので、初日からいきなり大量に服用するなど行わないように注意してください。

 

用量・用法を守りましょう!副作用についてはこちら

防風通聖散は肝臓に負担あり?注意したい副作用の事

 

漢方薬に即効性はありません!

先ほどもご説明したのですが、漢方薬には即効性がありません。
ただ、その分ほかの医薬品よりも副作用の危険が少ないというメリットがあります

下剤や便秘薬などは、腹痛を伴った排便となることがありますが、防風通聖散はそのようなことがないというのも特徴の一つです。

即効性がないからといって勝手に量を増やしたりすると、副作用が起きる危険性があります

また、効果の出方は体質や体調によっても異なってきますので、自己判断で服用するのではなく、必ず添付文書に従い、場合によっては医師に相談するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です