MENU

防風通聖散って皮下脂肪まで届くの?お腹周りが気になるあなたに…

 

 

防風通聖散は体力が充実していて皮下脂肪が多く、便秘がちな方に対し、便秘・肥満・むくみなどに効果・効能が認められています。
医薬品の一つである漢方薬で、中国の医学書『宣明論』に記載されています。

 

皮下脂肪を落としたり便通を良くする効果があるため、ダイエットなどを目的に服用される方も多いと言われています。
防風通聖散と聞いてもピンとこないという方もおられると思いますが、ナイシトールやコッコアポなどと聞くと、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

漢方薬で皮下脂肪を落とすとなると、その辺のサプリメントよりも効果があるように思えますよね。
では、防風通聖散は皮下脂肪まで届くのか、見ていきたいと思います。

 

 

肥満症にもタイプがあった!

 

肥満症に悩んでいる方の多くが、皮下脂肪をなんとかしたいと感じておられると思います。
この肥満症には2種類あるということをご存知ですか?

 

 

 

あなたはどっちのタイプの肥満症?

1.食欲があり、代謝機能が弱いタイプ(代謝が悪く食べ過ぎて消化しきれない栄養素等が残り、皮下脂肪になる太り方)
2.食欲がなく、代謝機能が弱いタイプ(食欲はないものの、体内の水分が代謝障害によってくむんだような太り方)

 

さらに、1つ目の”食欲があり代謝機能が弱いタイプ”には、さらに2つの型があります。

 

脂肪太り型(自律神経の興奮による肥満)・・・腹部に脂肪が多く、食欲旺盛、便秘がち、脂っこいものが好き
固太り型(ストレスや食生活の乱れによる肥満)・・・やけ食いをする、便秘がち、食欲旺盛、イライラしやすい

 

防風通聖散は、”食欲があり、代謝機能が弱く、脂肪太り型の人に効果的な漢方薬”です。
その体質の方にとっては防風通聖散が皮下脂肪の燃焼や排出に効果を発揮するのですが、2つ目のタイプの方や、固太り型の方には効果を発揮しづらいと言えます。

 

 

どうやって皮下脂肪を落とすの?

 

では、どのような仕組みで皮下脂肪が落とせるのか、見ていきましょう!

 

防風通聖散が皮下脂肪を落とす仕組み

 

体質や食べ過ぎ、遺伝、運動不足などの様々な理由から、栄養物などが体内に残ってしまい脂肪が増えていきます。
脂肪が増えていくことで、汗・便・尿などの排泄がスムーズに行われなくなってしまい、肥満症へと繋がってしまいます。
便秘やむくみなどの症状が現れてしまうのも、このためなのです。

 

防風通聖散は、18種類の生薬が組み合わさることで、発汗・便通・清熱・利尿を促進し、腹部の皮下脂肪を減らしていくことが出来ます。
まずは、食べ過ぎによって常に胃が熱をもっている状態を解消し、代謝を促進し、脂肪が燃焼しやすい状態にしていきます。
そして、発汗作用や便通作用、利尿作用によって老廃物などを排出していきます。

 

お腹に溜まっている余分な脂肪の代謝を高めることで分解していき、体内に蓄積されている食毒物質を排出していくという仕組みです。

 

このようなしっかりとした仕組みがあるため、防風通聖散は効果を実感することが出来るのですね。
お腹まわりの脂肪と腸内に溜まった便を排出していく効果が高いため、結果的にダイエットにも効果があるというような言われ方をしているのです。

 

 

 

 

おすすめ&人気の防風通聖散はこれ!

防風通聖散人気ランキング!気になる1位は?