MENU

ツムラの防風通聖散エキスの効果的な飲み方とは?

 

 

防風通聖散は、ダイエットの味方として、また、便秘解消をサポートしてくれるものとして、
幅広い世代から注目を集めている漢方薬です。

 

この防風通聖散という漢方薬は、様々なメーカーから名前を変えて販売されており、
実際に痩せたという方や便秘が解消したというような話はとても良く耳にします。

 

ただ、この防風通聖散を飲むだけで、みるみるうちに痩せたり、快便になったり・・・
と、そんな魔法のようなことが起きるわけではありません。

 

正しく効果的な飲み方をして、運動や食事にも注意していくことが大切になります。

 

では、”正しく効果的な飲み方”というのは、一体どのようなものなのでしょうか。
しっかりと効果を出すためにも、正しい飲み方を知っておきましょう!

 

 

ツムラの防風通聖散エキスの用量・用法は?

 

まずは、ツムラの防風通聖散エキスの用量と用法について見ていきたいと思います。
どのような医薬品でも、これを知っておかなくては逆効果となることもあります。

 

1日どのくらいの量を、何回飲むの?

 

成人(15歳以上)・・・1包 1日2回
7歳以上15歳未満・・・2/3包 1日2回
4歳以上7歳未満・・・1/2包 1日2回
2歳以上4歳未満・・・1/3包 1日2回
2歳未満・・・服用禁止

 

ツムラの防風通聖散エキスの場合は、このような用量を守って飲むことが大切になります。
2歳以上から服用が可能となっていますので、こどもに服用させる場合には、しっかりと保護者が見届ける必要があります
また、2歳未満のこどもは服用が禁止されていますので、注意してくださいね。

 

いつ飲めばいいの?

 

ツムラの防風通聖散エキスを飲むタイミングとしては、食前となっています。
ただ、服用することで食欲がなくなってしまったり、気持ち悪くなってしまう場合には、食後に飲むということでも問題ないようです。

 

飲み方は?

 

ツムラの防風通聖散エキスは、水またはお湯で服用するように指示があります。
水かお湯どちらでも良いのですが、発汗が多い方の場合には、水で服用することがおすすめです。

 

こちらの漢方薬は顆粒となっていますので、お湯に溶かしてから飲むと飲みやすくなります。

 

 

効果的な飲み方ってどんな飲み方?!

 

上記のような用量・用法を守って、正しく服用することで効果を得ることが出来ます。
ただ、もっと効果的に服用する方法というものがあります。

 

ツムラの防風通聖散エキスの場合には、どのような飲み方が効果的なのでしょうか。

 

 

水ではなく白湯に溶かして飲む

 

まず、水ではなく白湯で飲むことがおすすめです。
白湯は、胃腸などの内臓機能を温めることで、毒素を排出するという効果があります。

 

大体自分の肌と同じ程度の熱さの白湯に、ツムラの防風通聖散を溶かし、ゆっくりと飲んでください。
粉薬のようにいっきに飲み干したいという方もおられると思いますが、漢方薬の場合には味わうようにして飲むほうが良いと言われています。

 

 

食前30分から1時間前に飲む

 

飲むタイミングとしては、ツムラの防風通聖散エキスの説明にもある通り、食前に飲むというのが一番効果的です。
空腹時には胃酸が多く分泌されており、この胃酸に分解されることで漢方薬は効果を発揮しやすくなります。

 

ツムラの防風通聖散を飲むタイミングとしては、食事をとる30分前〜1時間前がベストです。

 

胃腸が弱い方の場合には、食欲がなくなったり吐き気が起きたりすることがありますので、
そのような場合には無理に食前に飲むことは避けて、食後に飲むようにしてくださいね。

 

 

適度に運動をする

 

飲み方とはまた少し違うのですが、適度な運動を取り入れることも大切です。
運動不足となっている方の場合、全身の血流が滞っていることが多くあります。

 

そのような場合には防風通聖散の効果が薄れがちでもありますので、適度な運動も必要です。

 

とは言え、ハードな運動をする必要はありません。
散歩などの軽い運動で良いので、毎日続けるように心がけてみてくださいね。

 

 

1日3回以上は飲まない

 

ツムラの防風通聖散エキスの場合、1日に飲む回数は2回と決められています。
いくら効果を実感したいからといって、これ以上の回数を飲んでしまうと、逆効果となることがあります。

 

用量・用法を正しく守って服用することが、効果を最大限に発揮させる近道となります。

 

 

飲み合わせの注意点

 

お薬といえば、飲み合わせについては慎重に確認する必要がありますよね。
ツムラの防風通聖散エキスの飲み合わせで注意する点はどのような点があるのでしょうか。

 

  • エフェドリン等の交感神経刺激作用がある薬との併用は注意が必要

     

  • 芍薬甘草湯などの甘草を含む漢方薬との併用には注意が必要
  • 甲状腺製剤との併用には注意が必要

 

など、このように飲み合わせに注意しなくてはならないものもあります。
実際に服用する前には、医師に確認をとる等、慎重に判断することが大切です。

 

 

 

防風通聖散徹底比較ランキング

今人気の防風通聖散はこれ!