防風通聖散は下痢になる!?これって好転反応それとも副作用?

漢方薬は体質改善の効果があるお薬として人気がありますよね。即効性はあまり期待が出来ないものの、長く続けることで体質を改善して体調が悪い部分を改善させることが期待できます。

ドラックストアでも漢方薬は数多く販売されていますが、中でも「防風通聖散」という漢方薬は女性・男性問わず中心に人気です。
今回は、防風通聖散を飲んだら下痢になるのか?下痢になる場合なぜ下痢になるのか成分から詳しく見て行きたいと思います。

でも、ダイエットのために防風通聖散を飲んだ人の中には、下痢に悩まされたという人も多くいます。下痢によって体重が落ちるというのはよくあることですが、防風通聖散下痢によってダイエット効果がある漢方なのでしょうか?

 

防風通聖散を飲むとなぜ下痢になるのか?

漢方薬とうのはもともと複数の生薬を組み合わせ、調合して作られています。

防風通聖散の場合には全部で18種類の生薬が組合されて調剤されている漢方薬で、その中には腸に働きかけを行うものや、便秘を改善させる効果が高いものなどが含まれています。

防風通聖散に含まれる生薬はこちらです。

  • 防風(ぼうふう)
  • 黄芩(おうごん)
  • 大黄(だいおう)
  • 芒硝(ぼうしょう)
  • 麻黄(まおう)
  • 石膏(せっこう)
  • 白朮(びゃくじゅつ)
  • 荊芥(けいがい)
  • 連翹(れんぎょう)
  • 桔梗(ききょう)
  • 山梔子(さんしし)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 当帰(とうき)
  • 川芎(せんきゅう)
  • 薄荷(はっか)
  • 滑石(かっせき)
  • 生姜(しょうきょう)
  • 甘草(かんぞう)

 

この中でお腹を緩くする原因となっている生薬がいくつか考えられます。その生薬について詳しく見てみましょう。

 

大黄(だいおう):便秘改善効果が高い

タデ科のダイオウ属植物の根や根茎を乾燥して作られる大黄は、生薬の中でも便秘を改善する効果が高いものとしてよく知られています。

下剤作用や消炎作用、胃を健康に保つ作用や駆瘀血(くおけつ)の作用などを持っています。

腸内細菌の作用によって下剤作用を発揮するため、大腸に住むビフィズス菌などの腸内細菌の量が多いと下剤作用が強く働きます。そのため、腸内細菌が多い人ほど下剤作用が強く働き激しい下痢に襲われてしまう事があります。

 

芒硝(ぼうしょう):便を柔らかくしてくれる

芒硝は鉱物を粉状にした生薬で、硫酸ナトリウムとも呼ばれています。便秘改善作用があり、さらに比較的強い下剤作用も持っています。

硬くなっているものを柔らかくすることが出来るため、宿便などによって硬い便が溜まっている状態の場合には、この便を柔らかくして排出させる効果が期待できます。

芒硝の効果が高まり過ぎると便が柔らかくなりすぎて下痢便状態になり、下痢を引き起こしてしまう事があります。

 

芍薬(しゃくやく):腸の痙攣を抑える

ボタン科のシャクヤクの根を乾燥して作られるシャクヤクは、鎮痛作用や収斂作用などがあり漢方薬では比較的よく見らえる生薬です。

血液循環をよくする作用もあり、血行をよくして冷え性や婦人科系の疾患などに効果的と言われています。痙攣を抑えるという働きもありますが、この作用が腸で起こることで、改善できるタイプの便秘もあります。

ストレスや緊張などによって腸が痙攣することで起こるタイプの便秘は、芍薬の作用で改善することが多くなります。

ですが、このタイプの便秘ではない場合には、芍薬の作用が適さないということになり、下痢を引き起こしてしまう事があります。

 

生薬はその作用が体質とあっていると非常に効果的に働いてくれますが、逆にあっていないときには思わぬ反応が出てきてしまうことがあります。
実は生薬は体質に合わせて選ぶことがとても重要なお薬ということになります。

生薬を複数組み合わせて作られている漢方薬は、その漢方薬が適しているという体質に合わないと、下痢を引き起こしてしまったり逆に便秘がひどくなってしまうということも起こる可能性があります。

防風通聖散を飲むことで下痢を起こしてしまう場合には、防風通聖散が適している体質とは違う体質の人が飲んでしまっている可能性もあります。

 

防風通聖散は「実証」でなければ合わない漢方薬

漢方薬を利用する上では、東洋医学の考えを理解することが必要です。
東洋医学では病態の基本的な状態を「虚」と「実」に分けています。

「虚」というのは本来人が持っている生命力が弱く、身体の機能が低下している状態を表していて、体力が低下している状態や胃や腸などの調子がもともと弱い状態を表しています。

「実」というのは本来人が持っている生命力が充実していて、身体の機能も充実している状態を表していて、体力は充実している状態を表しています。

この「虚」と「実」に、病気の姿を現している「証」とを加えることで「虚証」と「実証」という二つの状態に分けていきます。

「虚証」というのはもともと身体が弱く生命力が低下していることで健康を損なっている状態
「実証」というのはもともと身体は強いものの、有害物などの影響で健康を損なっている状態

 

と分けています。

防風通聖散の場合には「実証」タイプの方が使用すべき漢方薬となっているため、「虚証」タイプの方が使用をすると体質に合わず、本来の漢方薬がもつ優れた効果を実感することが出来ず、逆に体調を崩してしまい、下痢症状が起こる危険性があります。

 

実際に10種類私も防風通聖散を試しましたが中でもロート製薬の和漢箋は、即効性が強かったので飲んだらすぐに下痢になってしまいました。

↓ ↓ ↓

ロート製薬の和漢箋 防風通聖散の効果は?ダイエットに最適なの?

2017.04.26

逆に、私が一番効果を感じた生漢煎は、特に下痢もなく順調に体重も落ちました。

↓ ↓ ↓

実は痩せない?防風通聖散の生漢煎で1ヶ月本気ダイエット!効果はあったのか!?

2017.04.26

こんな人が「実証」で防風通聖散が合うタイプ

具体的に防風通聖散が合う実証タイプの方とはどのような方なのでしょうか?

  • 体格がしっかりとしていてどちらかといえば筋肉質
  • 体力がしっかりとある
  • 血色もよく肌ツヤがよい
  • 食事はどちらかといえば早く終わる

 

これが実証タイプの方です。さらにこの実証タイプの方の中でも

熱証
・喉が渇きやすい
・火照った感じがある
・赤ら顔
・よく汗をかく

 

湿証
・比較的むくみやすい
・痰が多く湿った咳が多い
・雨の時期に体調を崩しやすい

 

このようなタイプの方にとっては、防風通聖散は適している漢方薬です。

 

こんな人が「虚証」で防風通聖散が合わないタイプ

次に防風通聖散が合わない虚証のタイプの方とはどのような方なのでしょうか?

  • やせ形で体力がなく疲れを感じやすい
  • 胃腸が弱く胃もたれなどを起こしやすい
  • 肌荒れがしやすく血色がわるい
  • 声が小さくか細い感じ

 

自分がどのタイプに当てはまるかによって、防風通聖散が合う・合わないを判断しましょう。

 

好転反応から来ると毒素が出る!?好転反応って何??

自分が実証タイプで、防風通聖散が合うタイプなのにもかかわらず、下痢を起こしてしまうという方もいます。

実はこの本来なら体に合っているはずなのに下痢を起こしてしまう場合には、好転反応が起こっている可能性もあります。

防風通聖散には便秘を改善させたりする効果だけではなく、身体の巡りをよくして体に溜まった老廃物を排出させるデトックス効果もあります。

この老廃物というのはいわゆる毒素と呼ばれるもので身体にとってはよくないものですが、普段の食事から体に取り入れられてしまっていたり、溜まり込んでいて排出が出来ていない状態になっているものも実はあります。

 

これらの溜まり込んでしまった毒素を排出するためには、一度溜まっている毒素を排出させるために血液やリンパ液などに取り込む必要が出てきます。

血液やリンパ液は体をめぐり、肝臓や腎臓に毒素を送って排出させますが、肝臓や腎臓に送る前にさまざまなところから回収された毒素は血液やリンパ液に溶け込み体中をめぐることになります。

この時に体をめぐった毒素があちこちで悪い影響を与えてしまうと、体調がすぐれなかったり一時的に体調を崩してしまったりすることが起こります。

ですが、血液やリンパ液に溶け込んだ毒素は、その後ちゃんと肝臓や腎臓に送られ、必ず排出されていきます。

毒素が体の外に排出するときの一時的な体調不良のあと、毒素が排出されることで体調がよくなり状態がよくなるために、このような症状を好転反応といいます。

つまり、好転反応が出るということは、ちゃんと老廃物が排出され、健康的な体に代わる途中経過を過ごしているということになります。

実証タイプなのに防風通聖散を飲んで下痢症状が起こる場合には、この好転反応の可能性もあります。

 

防風通聖散を飲んでおならが臭くなるのは良い事?

防風通聖散を飲み始めてから、なんとなくおならが臭くなったり頻繁におならが出るようになってしまったという人も実はたくさんいます。

実はこの防風通聖散を飲むことでおならが臭くなるのには理由があります。

おならというのは腸内に溜まっているガスが排出されるもので、基本的にはとても自然な生理現象ということができます。おならが臭くなるというのはこの腸内に溜まっているガスが臭くなってしまうために起こります。

では、腸内に溜まっているガスが臭くなる理由はあるのでしょうか?

・腸内環境が悪い
・腸内で腐敗した老廃物がある
・腸内に血液がある
・硫黄分が多い食事をした

大きくはこの4つのことが原因となります。

腸内に血液があるというのは消化器官のどこかで潰瘍ができていたり炎症が起こっている場合に考えられますので、防風通聖散を飲むことで起こるおならの臭さとは関係がありません。

硫黄分が多い食事というのは、ニラや玉ねぎ、にんにく、大根、ブロッコリーといった野菜や、牛肉、羊肉、牛乳といった食べ物です。

餃子を食べた後はおならが臭くなるというのはこれが理由で、防風通聖散には硫黄分が多い成分は含まれていませんのでこれも関係がありません。

防風通聖散を飲むことでおならが臭くなる理由には、腸内環境が悪いことと腸内で腐敗した老廃物があることの二つが該当します。

防風通聖散を飲むことで腸内に溜まっている宿便が柔らかくなり、腸壁から剥がれ落ちて便として排出されることがあります。

ですが、この宿便というのは長い間腸にとどまっている便ですので、残念ながら腐敗がとても進んでいる老廃物であると考えてください。

この宿便が柔らかくなって腸壁からはがれることで、腐敗臭を含むガスが腸内に充満してしまう事があります。

悪玉菌が優勢な腸内環境下でも悪玉菌が排出するガスのために臭いにおいになることがあります。

宿便がはがれ、一時的に腸内環境が悪化することで悪玉菌が優位になってしまう事もあるため、防風通聖散を飲むことで腸内環境が一時的に悪化したり、腐敗した老廃物が排出されるまでの間にさらに腐敗をすることで悪臭を放つガスが生まれてしまうことがあります。

ですが、このガスの排出が終わり、宿便がしっかりと排出されれば、おならのニオイは自然と元に戻っていきます。

このおならのニオイというのも、先ほど紹介した好転反応の一つということができます。

ただし、おならのニオイが起こる原因は先ほども紹介しましたが、潰瘍や炎症などによって血液が腸内にあることで臭くなることもあります。

防風通聖散を飲むことでおならのニオイが気になり、その匂いが一時的ではなく続くようでしたら、病気の可能性も考える必要がありますので、一度病院を受診することも必要です。

 

防風通聖散の頻度は大体どれくらい!?下痢が落ち着くのはいつくらい?

体質的にも防風通聖散を飲むのには問題がなく、どちらかといえば便秘がちな肥満症という方は、防風通聖散を飲むことで体質改善を望むことが出来、体重を減らしていくこともできます。

ですが、気になるのはいったいいつ飲めばいいのか、どのくらい飲めばいいのかという点です。

また好転反応として下痢が起こる可能性があるということなので、いったいどのくらいで下痢が落ち着くのかという点も気になりますね。

防風通聖散はさまざまなメーカーから発売されており、実はそれぞれの商品によっていどのくらい飲めばいいのかということに違いがあります。
そこで、主な防風通聖散についてどのくらい飲めばいいのかということをまとめてみました。

商品名 メーカー タイプ 一日に飲む回数 一回に飲む量
生漢煎 アインファーマシーズ 顆粒タイプ 3回 1包
防風通聖散エキス顆粒 ツムラ漢方 顆粒タイプ 2回 1包
ナイシトールG 小林製薬 糖衣錠タイプ 3回 4錠
和漢箋 防風通聖散 ロート製薬 糖衣錠タイプ 3回 4錠
新コッコアポA錠 クラシエ薬品 フィルムコート錠タイプ 3回 4錠

 

商品によって飲む回数や飲む量には違いがありますので、選んだ商品の用量・用法を守って飲むようにしましょう。

漢方薬は基本として空腹時の飲むことになります。防風通聖散の場合は食事の30分くらい前に飲むようにするとベストです。

漢方薬は効果を実感することが出来るようになるまで時間がかかることはよく知られていますが、防風通聖散の場合には、最低でも体質を変えていくためには1カ月以上の服用が必要になっています。

体の状態によっては、1カ月をはるかに超える服用が必要な場合もあります。

この1カ月の間に、防風通聖散の副作用の一つ下痢に悩まされることが多くありますが、便秘がちの人が一度下痢になり、その後回復することが出来ればこれは好転反応と考えて問題がありません。

ですがいつまでも下痢が続いてしまう場合には服用を中止する必要が出てきます。

1週間を目安に下痢が治らない場合には服用を中止して様子を見るか、病院を受診して防風通聖散を飲んだところ下痢が治らないということを相談してみてください。

防風通聖散は漢方薬というお薬になるため、いくら効果を実感したいからと言って多く飲んでしまう事は避ける必要があります。

また体質に合わないときには下痢などの副作用が強く出ますので注意しましょう。

 

防風通聖散で下痢がひどい時の対処法は?

防風通聖散を飲んで下痢がひどいという場合には、一番良い方法は防風通聖散を飲むのをやめてみるということになります。

ですが、やめる前にまず一度飲む量を減らしてみることをお勧めします。

1日2回1包みを飲むタイプの物であれば、1日1回1包みにしてみる。
1日3回飲むタイプの物であれば、1日2回にしてみる。

というように調整してみましょう。これで調子が良いというときにはしばらくこのままの状態をキープして、その後また元の量に戻すようにします。

ただ、防風通聖散は漢方薬の中では比較的効果が強く表れやすいお薬になっていますので、理想としてはドラックストアなどで購入するのではなく、病院を受診して医師に処方をしてもらって飲むようにすることがおすすめです。

漢方に詳しい医師や薬剤師に相談をして調剤してもらうことで、安心して飲むことが出来ます。また、場合によっては防風通聖散よりも体質に合うタイプの漢方薬を処方・調剤してもらうことも可能です。

漢方薬はお薬の中では副作用が少なく安心して飲むことが出来るお薬ですが、体質や体調などによっては副作用が強く出ることもあります。
この点をよく考えて飲むようにすることも大切ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です